集客ができない・サービスが全然売れない方へ「ペルソナを決めて発信する重要性」

 

今回はこれから商品やサービスをリリースしていく方向けの記事です。

 

特に、いま現在でその予定がない方も、読んでおくと参考になると思います。

 

特にフリーランスで結果が出なくて悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

今回は「あなたの商品・サービスをどこにターゲットを絞って売っていくか」

 

これをテーマに話を進めていきます。

 

✔︎ 当記事の内容

・あなたの商品・サービスの需要がどこにあるかを見極めよう

・欲張りすぎても結果は出ない?!ペルソナの設定について

・まずは行動してみよう

 

 

あなたの商品・サービスに対しての需要がどこにあるかを見極めよう

 

まず結論として、無名の「私」や「あなた」が商品をリリースしても、大半の方は売り上げが0スタートです。

 

というのも、当たり前の話「信用」が備わっていない時点では、どれだけ良いものをリリースしても購入者は現れません。

 

それではどうすれば良いのかというと、当然「信用」を作ることが大事なわけですね。

 

ここが、起業当初は売り上げが立たなかった・・・などとよく耳にする所以でもあります。

 

さて、ここでこの章のタイトルを思い出してください。

 

「あなたの商品・サービスの需要がどこにあるかを見極めてみましょう」。

 

✔︎ あなたのサービスに対しての需要を探す方法

現代では、なかなか「ビラを配って」ということをする業種は限られてくると思います。

(もちろん、地域に絞ったサービスを行う場合はチラシなどの方が反応率が高いことも多いです)

 

・Blog

・Twitter

・Instagram

・YouTube

・noteなど

 

現代では、上記のことはほとんど無料で始めることができます。

 

まずは、大前提として「信用」を集めるのですから、商品の宣伝をバンバンしていくわけではありません。

 

このサイトも参考にして欲しいのですが、まずは自分のもっている「その業界のノウハウ」をアウトプットし続ける必要があります。

 

もし、商品やサービスを売ろう売ろうと思っている方であれば、「自分の商品の説明」になると思いますが、実はこのようなやり方は非効率だったりもします。

 

まずは、「他人が役立つ情報のみを無料で発信していき、自分に信用を作るのが大事です」。

 

そして、「その情報を必要としている人はどこにいるのか?」

 

この場所を突き止めなければなりません。

 

私はどこにその需要があるのかは判らないので、上記のSNSやブログ全てで発信をしました。

 

まずは、そこで需要が確認できた場所で続けていけばいいのです。

 

とにかく、商売を始めるうえで大切なことは、何度も書くように「信用を得ること」なのです。

 

 

欲張りすぎても結果はでない?!ペルソナの設定について

 

もし、現在あなたが商品やサービスをリリースしているにも関わらず、全然売れない・・・と困っているのであれば、

 

「ペルソナ(あなたの理想の顧客ターゲット)に情報が届いていないこと」も考えられます。

 

ただ、先ほど書いたように、起業当初からすぐに軌道にのることは稀ですから「1ヶ月経ったけど売れません」というのは、また違う次元の話です。

 

さて、解りやすい例を出してみましょう。

 

私はギターの講師としてレッスンをしているのですが、まずは下記の例を2つ見てみてください。

 

例1)

「ギター生徒募集 / ジャンルはなんでもOKです!講師は15年のキャリアがあり、なんでも万能にこなすので、誰でも入会可能です」

 

例2)

「これからギターを始めたい方へ【受講生を募集しています】講師は音楽教室にて15年間、ギター初心者の育成に関わっているので、ギターのご購入のことから全てをお任せください」

 

こう宣伝されていた場合、「あなたがギター初心者だった場合はどちらに申し込みをしますか??」

 

例1でも入会される方は普通にいると思いますが、今回伝えたいことは

 

セグメンテーション(細分化)をしましょうということです。

 

 

言い方を変えると、欲張って「どのギター顧客層にも宣伝してやろう」という考えではなく、

「初心者層のニーズに合わせたサービスや商品をつくり」そこに適切に宣伝をしていくことがビジネスにおいては大事になります。

 

✔︎ ペルソナの設定

まずは、ペルソナといってあなたのサービスに対しての「理想顧客」を考えることから始めなければなりません。

それは、男性なのか、女性なのか、何歳なのか、どういう悩みを抱えているのか、都会暮らしなのか、田舎暮らしなのか、・・・などなど

 

このペルソナ設定ができていない=顧客の悩みが定まらない=商品が幅広い層を対象にしてしまう

 

という状況を作り出してしまうわけです。

 

つまり、商品やサービスは「顧客の悩みを解決するもの」ということを念頭に作り出さなければいけないということですね。

 

どうでしょうか?頭はパンクしそうですか・・・?笑

 

とはいえ、フリーランスなど自分で日銭を稼いでいく人は、少なくともこれらのことを考えながらビジネス展開をしていった方が確実に近道で、成功した際には横展開もしていきやすいことは言うまでもありません。

 

 

まずは行動してみよう

 

まずは、SNSやYouTube、ブログなどを使用して、集客をはじめましょう。

 

ただし、お金に余裕のある方は「ネット広告(リステイング広告)」などを活用するのも手です。

 

そしてSNSなど、どれか1つでも長期継続して行うのはかなり苦痛と感じるかもしれませんが、私は「SNS、YouTube、サイト運営(しかも複数)」とやっていますが、全然苦痛ではありません(笑)

 

これらは私の中で「営業の仕事」と思っているので、全く苦痛ではなく、しかも家でできることなので、会社勤務よりは自分に合っているんだと思います。

 

まずは、どれか1つでも「自分のペルソナが多くいる場所」を一刻も早く見つけ出しましょう。

 

✔︎ ペルソナを見つけた後は

自分の商品やサービスに対してのペルソナが多くいる場所をを見つけた後は、継続発信です。

「ペルソナに対して有益な情報のみ」を発信していきます。

決して、物やサービスは自分から売りません。有益情報だけをアウトプットし続けていけば、あなたにも「信用」が貯まってきます。

そうなった時、宣伝しなくても勝手に商品は売れていくようになります。

 

この状態が作れてしまえばベストなわけです。

 

まずは、この一連の流れをイメージできるようになりましょう。

 

関連記事

  今回は、先日YouTubeにアップロードした内容   「自分のサイトで商品やサービスを売っていく方法(WORDPRESS×Stripe)」   この内容に関してを深掘りしていこ[…]

 

まとめ

商品やサービスをただリリースしただけでは中々売れません。

ペルソナを決めて、どういった顧客にリーチしていくかということが重要になってきます。

現在、悩まれている方は少しでも参考になれば幸いです。

 

関連記事

  今回は資格の取得などを活かして、これから「フリーランス独立をして稼ぎたい」という方向けの記事です。   当サイトは「インテリアコーディネーター」の特化サイトですが、これは他の分野の仕事にも当てはまる[…]

関連記事

  今回は自分で製作したものやサービスをローンチ(リリースすること)するまでの過程を書いていきます。   ネットビジネスをする上で、とても重要な知識になるので、理解できるまで何回も読んでもらいたいです。[…]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>Interior Coordinator Salon

Interior Coordinator Salon

ONLINE LESSON