IC資格試験を受験するにあたって学校に通った方がいいのか

この記事を読んでくれている方はIC資格試験を受験する方が大半だと思いますが、

「IC試験を受けるのに学校に通った方がいいのかなぁ・・・」

と思ったことはありませんか??

 

今回は【学校に通うメリット】にスポットをあてて記事を書いていきます。

学校に通った方が合格率は上がるのか

1次試験

まず、結論からお伝えすると1次試験においては学校で学ばなくても全然問題ありません。

何故ならば、「出題される内容が決まっていて、それを暗記すればいい試験だから」です。

実は管理人の私自身も音楽のレッスンを仕事にしているのですが

 

教室に通う生徒たちも家で練習をしない人は全然上手になりません」。

 

こういうことなんですね。

 

確かに、学校ではポイントやよく出題される内容は教えてくれるでしょうが
過去問や問題集を何度も解いてれば、その点は自分で分かってくるはずなので問題ありません。

 

もし自分自身ではダラけてしまって勉強できない・・・という方は通うのも手だと思いますが、基本的には行く必要もないでしょう。

 

ただし、試験直前の模試などは受ける価値はあるかと思います。(私は受けませんでしたが)

本番を想定された「問題」というよりかは「雰囲気」が感じ取れるからです!

模擬試験の問題に関してはあくまで予想問題なので、試験代を払うのであれば、その分何冊か他の問題集を買って勉強した方が身につくかと思います。

 

まとめると

学校に通っても合格率はさほど上がらない。自分の勉強量が大事!

 

※残念ながら2年以上の連続不合格になってしまった方は、勉強方法がよくない可能性もあります。
その際はスクールや私のような個人にコミットして教えてくれる先生に教わることをオススメ致します。

2次試験

 

2次試験に関しては「製図」「論文」になってきます。

 

正直、こちらはプロや経験者にアドバイスをもらった方が効率的なのは間違いありません!

 

ただし、通うとしても「試験直前の対策講座」ではなく「定期的に通うコース」を受けることです。

私は独学で練習して、試験直前コースを念のために受講したのですが、正直がっかりしました・・・

この内容でこの金額か・・・。と。

 

学校名は出しませんし、全ての学校でやり方は違うので全てを否定するわけではありませんが、
その日に実施される内容をしっかりと確認した上で受講されることをお勧めします。

 

具体的には「模擬試験」をやるのではなく「現在、自分がモヤモヤしている事」を解決してくれる講座を受講すべきです。

 

2次試験は問題数をこなすのは当然のことですが、独学の方は「解らない事を解決させる」という事を一番に考えて受講してください。そうでないと、ほとんど意味のないものになってしまいます。

 

※メルマガでは私のこの時の体験談をのちにお話いたします。

 

結論

まとめ。1次試験に関しては学校に通わず独学で問題ないと思っております。そして、2次試験に関しては「定期的に通うコース」を受講することはアリだと思います。あるいは、添削をしてもらえるサービスを利用するのもいいですね。当サイトでも2次試験に関しては有料になりますが(先生を雇うので)、添削・解説のサービスを導入しようと思っていますので、その際はご案内させて頂きます。

※今回の記事はあくまで主観ですので、お気を悪くされた方がいれば申し訳ありません。

関連記事

はじめまして。インテリアコーディネーターのPaulです。   この度はこちらのサロンにお越しいただきありがとうございます。   当サロンを立ち上げた経緯を書いていますので、よければご覧ください。 […]

 

最新情報をチェックしよう!