インテリアコーディネーター1次試験「デザイナーズチェア」※資料配布あり

 

今回はインテリアコーディネーター1次試験における「デザイナーズチェア」についてです。

 

とはいえ、数百ページもある教本の中のごく一部なので、特に重要視するつもりはありません。

 

記事の中に動画で解説したものも載せておくので、よければご覧ください。

 

 

 

✔︎ 当記事の内容

 

・デザイナーズチェアの学習で覚えなければいけない項目

・デザイナーズチェアをビジュアルな資料で確認したい方にオススメ

・動画で使用したスライドの資料を無料提供いたします

 

 

 

デザイナーズチェアの学習で覚えなければいけない項目

 

 

まず、結論として「デザイナーズチェア」においては以下のことを覚えなければなりません。

 

 

・椅子の名称

・製作者

・製造国・年

・椅子の特徴

 

 

椅子の名称だけなら余裕で覚えることができると思うのですが、デザイナーの名前や特徴などなど・・・

 

 

プラスで覚えなければいけない項目がいくつかあります。

 

 

そして「意外に出題数が少ない、または超ベタな出題がされること」もよくあります。

 

 

なので、私はコスパが悪い分野という言い方をしています。

 

 

つまりは覚えなければいけない量に対して、出題が少ないということですね。

 

なので、こういうものはサラッと覚えていきましょう。

 

 

デザイナーズチェアの覚えかた

 

まず、デザイナーズチェアを覚えていく際に大事なことは

 

「イスの形と特徴、そしてデザイナーがきちんとリンクすること」です。

 

とはいえ、インテリアコーディネーターの受験をされる方はイス好きな方は多いですよね??

 

資料などを使い「椅子の見た目と共に、それぞれの特徴」を覚えていきましょう。

 

 

動画で解説したものを載せておきますので、聞き流しにでもどうぞ。

 

 

 

 

デザイナーズチェアをビジュアルな資料で確認したい方にオススメ

 

以前も当サロンの記事で紹介をしたことがあるのですが、下記の雑誌がオススメです。

 

 

私も所有していますが、試験に出題される椅子から、その他にも有名なデザイナーズチェアが多数掲載されています。

 

普通に椅子が好きな人にもオススメです。

 

 

 

動画で使用したスライドの資料を無料提供いたします

 

上記に載せた動画のスライド資料を「無料会員様」と「有料会員様」に配布しております。

 

一応、会員特典とさせて頂いていますので、よければこちらより無料会員登録をして頂ければ幸いです。

 

もちろん、その他の資料も置いているので、無料の割にはとても有益だと思っています。(問題集などもあります)

 

 

さらに、少しだけ宣伝になりますが

 

有料プランだとオリジナルの問題集が1〜9章まで使え、「有料会員限定」の資料や、8月には「2次試験」を見据えた製図の練習会も実施。

 

 

価格も9800円〜と入会しやすいので、独学の方や既にスクールや通信講座を取られている方にもオススメです。

 

 

有料講座の概要はこちらです。

 

 

 

まとめ

今回はインテリアコーディネーター1次試験における、デザイナーズチェアに関してを記事にしてみました。

歴史分野は基本的に「勉強に対してのコスパはかなり悪い」です。ただ、周りが失点することも多い分野なので、なんとか頑張って覚えてみてください。

 

関連記事

  インテリアコーディネーター試験の中でも、特に皆さんが苦手意識を感じやすいのが   「歴史の分野」だと思います。   今回はそんな嫌いな歴史も、見て覚えよう!とのことで資料を作成[…]

最新情報をチェックしよう!
>Interior Coordinator Salon

Interior Coordinator Salon

ONLINE LESSON