インテリアコーディネーター2次試験の【合否】について本音を語る

 

今回はインテリアコーディネーターの私が、この試験の「合否」について、

 

つまりは、合格するのに一番重きをおく部分を語ってみたいと思います。

 

今回、受験される方はぜひ読んでみてください。

 

 

✔︎ 当記事の内容

・IC2次試験はミスを0にすればほぼ合格できる

・試験3週間前、教わっている人と独学している人の差はどれくらい?

・まとめ

 

今回は私の主観の記事になりますが、大きく間違えた考え方ではないと思うので、ぜひ参考にしてください。

 

 

IC2次試験はミスを0にすればほぼ合格できる

 

受験する際の私もそうでしたが、時間内に図面を完成させようとすると、必ずうっかりミスをしてしまうもの。

 

以前の記事でも書きましたが、「どれだけ綺麗な図面を描く人でも、書き漏れは平等に減点をくらいます」。

 

上記のことから、ミスを減らせば基本的に合格に近づく試験と言えますね。

 

さて、ここで私的な分析ですが

 

「独学されている方は立断面図が出れば合格しやすい」と考えます。

 

その理由を以下に書いていきます。

 

立断面図が出題されたら、独学者がチャンスな理由

 

独学者にとって立断面図がチャンスな理由としては、

 

「学習の時点である程度ミスを可視化できるからです」。

 

言い方を変えるならば、模範解答を見て「ここを書き忘れたな。寸法を記入してないや。」など、減点に結びつく箇所が自分でも解るということです。

 

すなわち、試験本番でも「書き漏れ」に注意していれば、減点は少なく抑えることができます。

 

逆に「アイソメ」や「パース」が出題された場合、どうでしょう?

 

「減点対象になる場所が現時点で予測できていますか??」

 

ここが大きく関係してくると思います。

 

まとめると

 

立断面図・・・学習の時点で、自分で間違いが解る=試験でも同じミスをしないようにする。

パース&アイソメ・・・学習の時点でいまいち減点箇所が解らない=試験でも学習時と同じミスを気づかずにしてしまう。

 

私は上記のように考えます。

 

なので、独学者は立断面図は当たり前、パースやアイソメも減点箇所をしっかり把握できるようなレベルに達しておくことが好ましいわけです。

 

その対策としては以下のようなことが考えられます。

 

・模範解答をひたすら研究・YouTubeなどの動画で学ぶ

・自分の解答をプロに添削してもらう

 

とにかく、「自分で自分のミスを発見できるようになれれば、合格レベルに達してると言えるでしょう」。

 

 

試験3週間前、スクールで教わっている人と独学している人の差はどれくらい?

 

独学されている方にはとても気になる部分だと思います。

 

まずは、図面の見た目に関して。

 

「正直、そこまでの大差はないと思います」。

 

いくらスクールに通っても、やはり得意、不得意はありますからね。私自身も絵が下手なので、フリーハンドでは描きたくありません。

 

さて、それでは大きく何が違うというと

 

「上記で描いた自分の減点ポイントを理解しているということ、効率よく描く手順など」です。

 

つまりは「スクールに通われている方は、ミスの少ない図面を描くことができるようになっています」。

 

私のサロン会員さんには、上手に描くことよりも、「ミスのない図面」。これらのことを中心的に教えています。

 

または、「家具の構造」などですね。

 

扉のインセットやアウトセットなどは専用の動画でも学んでもらっています。

 

とはいえ、いろんな方がいますから、独学でもほとんど問題なく合格される方も多々いらっしゃいます。

 

現時点で、学習がスムーズに進んでいる、時間内に描き終えれている、という方であれば問題ないでしょう。

 

逆にスクールに通っても、スピードが上がらずに困っているという方もいるはずです。

 

✔︎ 合格ラインは相対評価で、上位の6割

 

判っていることは「6割は合格するということです!」

1000人中600人は合格できるんです。自信をもって、590番目でも構わない!絶対入ってやる!という強い気持ちをもって突き進みましょう。

 

 

まとめ

試験まで、残り3週間を切った今、もうすぐ1次試験の結果が届くと思います。

そして、この結果を見てから猛ダッシュで勉強を始められる方もいると思いますが、その方は相当の練習が必要です。

期間的にも合格の保証はできませんが、当サロンのサービスお申し込みをして頂いたら徹底的に指導いたします。

また、現在、独学で困っている方も2日間限定のレッスンなども開講しているので、よければご検討くださいませ。

 

※スマホのキャリアメールでご連絡を頂いた場合、こちらからの返信が届かないことが多々あります。パソコンメールやヤフーアドレス、Gメールアドレスなどでご連絡頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!