インテリアコーディネーター2次対策【パースの描き方の基本を学ぶ】

 

パースと聞くと「難しそう・・・、苦手・・・、」と言われる方はとても多いです。

 

確かに、パースは細かい部分を描くのは難しいのですが、四角いものを描くのはそこまで難易度は高くありません。

 

そして、インテリアコーディネーター試験ではグリッドが引いてある状態ですから、基本を押さえれば8割型は描けてしまうものなのです。

 

それでは、今回はパースの基本講座として書いていきます。

 

 

✔︎ 当記事の内容

・パースを構成する線は3種類

・過去問の解答用紙を使って立方体を書いてみよう

・まとめ

 

 

パースを構成する線は「3種類」

 

基本的にパースで使用する線の種類は「3」つになります。

 

一つずつ確認しましょう。

 

わかりやすいように写真もUPします。(VPは書いてませんが、正面の扉上部にあると仮定してください)

 

 

✔︎ 垂直線

まずは対象物の「高さ」を表現する垂直線。これは上下に伸びる線です。

写真の本棚に収められた本であったり、細かいものでも「高さを表現するもの」は全てこの「垂直線」で表現します

 

 

✔︎ 水平線

自分の正面にある対象物の幅を表現するのが「水平線」になります。

写真でいうところのピンク線が全て「水平線」です。

 

✔︎ VPへと延びる線

自分から見て、奥行き方向に向かう寸法の全ては「VPに向かう線」となります。

基本的には対象物の「奥行き」や「幅(対象物の置き方により)」を表現します。

具体的にはデスクの「奥行き」や、吊り下げ型電灯の「幅」を表現していますよね。

 

このように3つの線を理解して描ければ、そこまで難しく感じることはありません。

 

ただ、2ヶ月という期間で平面図〜論文まで全ての勉強をしなければいけないから難しいというより、大変なんですね…。

 

✔︎三角スケールは使いません

パースでは基本的にグリッドを利用して描いていくので、基本的に三角スケールは使用しません。

他のアイソメ図や立断面図などは、容易に寸法を測ることができましたが、パースではそこまで念入りにする必要はありません。

基本的にはグリッドで確認しながら、高さや奥行きの寸法をとっていきます。

 

そのため、アイソメ図や立断面図に比べると、ややフリーハンドで描かなければならない場面も増えてくるかと思います。

 

例えば、ソファの座面や背もたれは、少し丸みを帯びてた方がリアルですよね?

なので、こういう場所はフリーハンドで描いていったりもします。

 

とはいえ、基本的にソファでも椅子でも「箱が描ければ大体のものは描けてしまいます」。それがパースです。

 

 

 

過去問の解答用紙を使って立方体を書いてみよう

 

まずは、パースの練習として、過去問の解答用紙に「立方体」を描く練習をしてみましょう。

 

先ほども言いましたが、四角形が描ければあとは慣れるだけ。

 

収納などは簡単に描けますし、他の家具も応用と慣れだけです。

 

立方体の描き方は下記の動画で解説しているので、よければご覧になってください。

 

基本的に、直定規一本あれば描くことができます。

 

✔︎ はじめてのパース 描き方の手順

・パースグリッドの確認(900×900なのかなど)注意:高さ方向は300のこともあります

・平面図のグリッドとパースグリッドの該当部分を確認しましょう

・幅や高さ、奥行き、グリッドを頼りに書ける場所は描いておく(慣れたら自由に)

・上の章で書いた3つの線を使って立方体・直方体を描く

 

立方体に関してはこれだけで描けてしまいます。まずは、この作業をしましょう。

そして、コツが掴めたら、立方体や直方体など、サイズの違う四角形を図面にたくさん表現してみてください。

 

ちなみに実際のインテリアパースを描く際は、先に床面に家具の面積を薄く線引きをし、その後、高さ方向、VPへ向かう線を書いていくので、これは後に動画で解説いたします。

 

 

まとめ

はじめて描くと難しく感じるパースですが、インテリアコーディネーターの試験ではグリッドが引かれているので、そこまで心配しなくて大丈夫です。難しいと思うと苦手意識がつくので、「大変」と解釈しておくといいでしょう。基本をしっかりと押さえて頑張りましょう。

最新情報をチェックしよう!