インテリアコーディネーター試験でも出題範囲の【アイドマやアイザス】

今回はインテリアコーディネーター試験でも出題される可能性のある「アイドマ」や「アイザス」という言葉を実際に使ってみたいと思います。

 

私はインテリアの勉強を始めた頃は「マーケティング分野」の勉強はしたことがなかったので、

 

正直、「AIDMA アイドマ」や「AISAS アイザス」と聞いて・・・

 

「?」

 

だったのですが、今回は豆知識として私の商品を例に使ってみたいと思います。

 

将来の業務でも役に立つことですから、よければ最後まで読んでみてください。

 

 

「アイドマ」や「アイザス」(アイドカス)などの仕組み

 

まず、「アイドマ」と「アイザス」でピンと来ない方がいましたら、

 

「インテリアコーディネーター 合格テキスト」 by 町田ひろ子

 

という教本の29Pを見てもらえたらと思います。

 

一応、必要な方のために商品リンクも載せておきますね。

created by Rinker
¥3,520 (2020/11/27 02:36:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

さて、このマーケティングの分野は正直、ほとんど出題されないと思いますが、念のために覚えておいてください。

 

まず、「人間の欲求」は一般的に「○○○」の欲求段階説が基本モデルとされている。

※○○○は問題です。この教本で勉強されている方は答えれるはずです。(答えは最後に書いておきます)

 

そして、購買心理とは、消費者が商品に気づいてから購入するまでの心理過程のことである。

 

その理論として

 

「AIDMA」や「AISAS」がある。


例)

AISAS=

A・・・Attention(注意を引かれる)

I・・・Interest(興味)

S・・・Search(検索)

A・・・Action(行動)

S・・・Share(他人と共有)

 


 

AIDMA=

A・・・Attention(注意を引かれる)

I・・・Interest(興味を引かれ)

D・・・Desire(商品が欲しくなる)

M・・・Memory(商品を記憶する)

A・・・Action(商品を購入する)


 

今回はこれらの理論というものを使って、記事を書いてみたいと思います。(パソナの法則というものを使ってみます)

 

将来、皆さんがインテリアコーディネーターになられ、就職などした際はマーケティング分野で必ず必要になってくる知識と法則になります。

 

現在、過去問で7割程度の正答率の方へ

 

現在7割ほどの正答率の皆さんは5点以上のUPを狙わなければいけません。

 

それは、ほとんどの受験者が

 

7割前後の点数を取られるからです・・・。

 

不思議と思われるかもしれませんが、75点を取れればほぼ上位30%には入れます!

 

逆に、70点だった場合は不合格ラインの上位5〜7割あたりのラインに来てしまいます・・・。

 

ここまで勉強してきて不合格だった場合、また来年に

 

「同じ勉強を、時間を割いて取り組まなければなりません・・・」

 

 

ただ、試験の1ヶ月前ならまだ間に合いますよ。大丈夫です!!

 

応用問題にトライし、自分の苦手分野を明確化、そこにコミットして苦手分野をなくす

 

そして、克服できたと思ったら、また試験と同様の形式で問題を解いていく。

 

これからの時期は勉強スタイルの違いはあれど、

 

苦手な部分を見てみぬふりをせずに、向き合っていく

 

さらに試験の2週間前には

 

「細かいもったいないミスを極力減らす作業に入っていきましょう」

 

とはいえ、

 

「本番では見たことのない問題は必ず出ます」「超が付くほどの一般常識の問題も出ます」。

 

これらの問題をいかに取っていくか。多少は運も必要としますが、凡ミスだけは避けるように自分に言い聞かせることも大事です。

 

今より5点アップが見込める問題集はこれです

 

さて、ここで

 

この時期にうってつけの問題集があります。

 

私が作成した本番前に解いておきたい「基本を忠実に守ってつくった」70Pにも及ぶ問題ファイルです。

 

それがこちら!

 

 

基本ができていなければ、きっと7割程度しか取ることができないと思います。

 

逆にあなたの基礎力が十分であれば8割は目指せるでしょう。

 

しかも9月13日までは100円引きで販売しています。

 

690円→590円です!!

 

スタバのドリンクやマクドのセットを1つ我慢するだけで購入できる価格です。

 

ましてや、今年ストレートでインテリアコーディネーターになれたら、資格を活かしてすぐに取り戻せる価格ですよね。

 

万が一に落ちて、来年また同じ勉強をする位であれば、今一番の最善策を取るように行動しましょう。不安は一つでも取り除いてしまった方が気持ちは楽になりますよ。

 

よければ、ぜひお試しあれ。

 


 

といった感じです。

 

いかがだったでしょうか??

 

あまりに嫌らしいので、商品リンクは載せませんでしたが、これがセールスライティング(マーケティング)としても活用できてしまうんですね。

 

ネガティブな感情に訴えかけているので、こちらはパソナの法則というものです。

 

一応、せっかくなので問題のサンプルも少しだけ載せておきます。

 

 

回答はもちろん解説付き。★の数で重要度も分けています。

 

このような感じで作っております。

 

今回はマーケティング分野を使ったライティングをしてみましたが、書いてる内容は

 

かなり本質です!!!

 

苦手な問題から目を背けてはいませんか??

 

今ならまだ間に合います!焦らずに、確実に1点を取る努力を惜しまずにしましょう。

 

「明日やろう・・・」ではなく今すぐ行動しないと、きっといつまで経っても始められずに後悔しますよ。

あと1ヶ月なので、本気で頑張りましょう!!

 

✔︎一応、商品リンクのページを貼っておきます

>>こちらで購入が可能です

 


※当記事の最初の問題の回答です。

 

A. マズロー

 

最新情報をチェックしよう!